大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(ただいま遠距離)

『マチネの終わりに』

大切な、思い出の一冊

『マチネの終わりに』(平野啓一郎 著)




彼と一泊旅行ができた、去年の彼の誕生日


2日目の朝、一度も振り返らなかった彼を見送った後、私は行く場所を決めていた


少し楽しみにしていたその場所も、彼を見送ってひとりになってからでは、なかなか気持ちが晴れなくて


その後、帰る前に、行ってみたかった大きな本屋さんに立ち寄った


本屋さんのカフェで少し休憩をして、出ようとした時、一冊の本の装丁が目に留まった

とてもキレイで私好みの色


手にとって、帯に書かれた文字に、ドキッとさせられた



結婚した相手は、

人生最愛の

人ですか?



これは読まなきゃダメかも


手にしたその本を、すぐに買った



帰りの電車で少しずつ読みはじめた

けれど、数行読んでは、旅行中の彼の顔、彼の声、彼の手の温もりを思い出し、彼が恋しくなる

そして、悲しい気持ちに襲われて、集中できない

少し読み進めたけれど、結局、帰ってから、またはじめから読み直した



彼との思い出の最後に出会った本

帯に書かれた文字にも、なんとなく運命的なものを感じてしまっていて

すごく大切な一冊になりそうな予感がしていた


すぐに読み終えてしまいたくなくて、わざと、ゆっくり読んでいこうと思った



毎晩、寝る前の時間

温かくしたお酒を一杯用意して


この頃に買ったばかりのアルバム

『LP1』FKA twigs

いつもそれを聴きながら



疲れていたり、お酒の方が進んでしまったりで、一度も頁をめくらずに眠ってしまう日もあれば、どんどん進んでしまって時間が過ぎる日もあった


真ん中を過ぎたあたりから、なんだか読み終えるのがさみしく思えてくる

そんな本だった



お互いが最愛の人だと知りながら、様々な出来事に翻弄されて

このふたりは、結ばれるのか、結ばれないのか


結末を知らないままでいいから、このまま読み続けていたい

読んでいる時間がすごく幸せ

そんな一冊だった



そして読み終えた時

この物語の私の思い出の中に、なぜか、彼がいた


登場人物達の人柄や生き方に、彼や私が重なる要素は何ひとつなかったのに



登場人物達が出会えた時

別れの時

思いが届かずにもどかしい気持ちでいる時

その時その時の感情を、まるで彼と私の気持ちであるかのように、読んでいたのかもしれない



その後、その本の装丁を見ても、もう一度読んでみようかと少し頁をめくっても、あのステキな物語と一緒に、彼のことを思い出す



読み終えてしばらくした頃

この本を読んでいた時にいつもかけていたアルバムを、久しぶりに聴いた時

本のことが頭の中いっぱいに思い出されて、また同じように、彼のことも思い出して、自分でも驚いた



本と、音楽と、彼

全部でひとつの思い出になっていた



ふたりではじめてお祝いできた、彼の誕生日に出会った本


彼の記憶の中にはないけれど

大切な、彼との思い出

好きで、大好きで

「すきだよ 大好き💕」


昨日のお昼、彼に送ったLINE


残業してる頃になっても既読にならない

きっと忙しくて、疲れてるだろうな

「今日もきっと、お仕事大変なんだね

ちゃんと、ゆっくり休んでね

大好きな(彼の名前)」

と送った


その20分後、彼から

「ごめんな、急きょ飲み会になって」

と届いた


最近、そんなにたくさん飲まないみたいで、甘い彼にならないからなぁ

でも、ほんの少し期待しつつ

『了解です』のスタンプを送った


そのスタンプ、めちゃくちゃ早い時間に既読になったから

こんなに早いと、きっとそんなに飲んでない

甘い彼は封印かぁ、なんて

期待値0で、LINE


私「もう終わったの?」

彼「終わりました」

私「今どこ?電車?」

彼「今から電車 ○分に乗ります」

私「寒いね」

彼「(私の名前)と、今いるから寒くないよ」


わぁ、甘〜い彼♡


私「私も、今あったかいよ(彼の名前)いるから

電車に乗ったら寝るよね

お疲れ様

おやすみなさい」

『すき』のスタンプ


彼「大好きだよ(私の名前)」

私「電車で寝てね」

彼「寝る💤」


電話は、どうかなぁ、寒いから


私「おりて、電話は、さむいね」

彼「電話5分、声聴きたいから、頼む」

私「わかったー、うれしいな」

彼「よろしくです」

私「待ってるね」

彼「承知」


こんなの、どれだけぶりだろう??

もう、このLINEだけで満足すぎる


その後、彼が電車を乗り換える時間まで、いろいろ準備してたら

知らないうちに


「25日に休もうと思ったけど、ダメだった」

「ね、(私の名前)〜」

「大好き」

「おやすみ」


って、届いてた


25日?休もうと思ってた??

その日が何の日だか、知ってて??



その後、乗り換えの合間の彼と、5分の電話

そんなに酔ってなかったのに

彼の声、すごくご機嫌だった

ずっと笑ってた

「寒い、寒い」って言いながら



25日に、お休みを取って、会いに来てくれようとしてたこと

「クリスマスだからさ、去年、一緒に過ごせたから、今年も会いたかった」

って


泣きそうだった

びっくりして、うれしすぎて

彼がそんなこと考えてくれてたなんて



それから、水曜日に私が

「今日、ふたご座流星群だよ」

って送ったLINE、お返事は何もなかったのに

「家で話したんだ、そしたら子供が見たいって

ベランダで一緒に見てたけど、俺はお前のことしか考えてなかったよ

流れ星は、見れなかったけどな」

って



こんな、うれしいことばっかり、話してくれた



「あ、来た来た」

乗り換えの電車が来て

「またかけるよ」

その15分後、自宅の最寄り駅で降りた彼と、8分の電話


寒そうに歩きながら



ブログのダメ出しされちゃった


一年前の、彼に書いてもらったお手紙

「あなたに会えて」が「あなに会えて」

になってた間違いに気づいたのは、数日後じゃなくて、その日、彼のお部屋から帰る道

「信号待ちしてた時だって、お前、言ってたぞ」

だって

一年以上前の、そんなこと、彼が覚えていてくれた

忘れんぼうのくせに


私「私が言ったの?」

彼「お前が、そう言ってた」

私「そんな、一年も前のこと、覚えてたの?」

彼「忘れないよ」


私が忘れてたこと、彼が覚えていてくれた

それにブログ、読んでくれてた


「懐かしいな、あの日」

って、言ってくれた



それから、最近私が、去年の今日はこんな日だった、とよくLINEを送るから


「去年の旅行の日、思い出して、また悲しくなっちゃうかなって、大丈夫かなって、心配してる

今度の旅行も行けなくなったからなぁ

ホテルはキャンセルしたよ

やっぱりその日、休めなかった

ごめんな」


また泣きそうになった



なんにも、なんにも言わない彼

私が思ってる100倍くらい、ちゃんと考えてくれてる


彼の気持ちの、ひとつひとつが、全部うれしかった



「明日の仕事の準備で、今から勉強しなきゃいけないから、がんばるよ」

だって

飲んだ後なのに

がんばってるんだな、彼



そして「ありがとう」と「おやすみ」を何度も言い合って

切ろうとした直前に、彼が


「大好きだよ、大好き(私の名前)」


と言ってくれた

私も言いたかったのに、うれしすぎて声が詰まってしまい

「うん、ありがと」

としか言えなかった


「じゃあね」

と、同時に言って、電話を切った



すごくうれしかった


穏やかな気持ち、継続できそう

彼が気持ちを伝えてくれるだけで、会えなくても、こんなに満たされるなんて



さみしくなると、こんな電話をついつい待ってしまう

でも、それをなかなかしてはくれない彼


いつもは伝えてはくれない彼だけど

「きっと彼はこう思ってる」

と私が思っていれば、彼はその何倍も考えてくれてる


今日も、やっぱりそうだった


忘れないようにしないとな



離れていても、こんなにも気持ちが繋がっていられるのは、彼だから


私には、やっぱり彼しかいない



彼のことが好きで、大好きで

たまらない

穏やかに

彼と最後に会ってから、そろそろ3週間


会った2日後に一度だけ電話をしたけど、あまりいい思い出じゃない

彼の声を聞いたのは、それが最後


その電話の後落ち込んでいた私に

「話したいことすぐに聞けなくてごめん

いつも俺のこと考えて落ち込ませてごめん」

と、LINEをくれた

彼からの気持ちのわかるメッセージは、これが最後


会えた直後の数日間、とても不安定になってしまっていたけれど


その後、幸せに過ごせた彼との時間を、たくさん頭の中に巡らせて、その時の気持ちを思い出しながら文字にしていたら、自然と心が穏やかになった


彼と何かやりとりをしたわけではないのに



大好きな彼とふたりで過ごせた時間

やっぱり、かけがえのない宝物だった




それからも、彼は、ただ毎朝ひとつ

「(私の名前)」

と、LINEをくれる


しばらく、お酒を飲むこともないようで

酔った彼からの、甘い電話もLINEもない


キレイなものを見た時

うれしいことがあった時

彼への想いが溢れた時

私から彼に送るLINEは、既読になるだけ

彼からのお返事はない


愛の言葉なんて、もちろん、ない

強いて言うなら『既読』が、愛の言葉、なのかな

その二文字を見て、私は

「よしよし、見たな」

なんて、ニヤニヤしているんだから



なにもかも、いつもどおり



次に会える約束も、今のところない


私から「この日なら」と予定を伝えることも、していない



彼が、家族にも同僚にもこぼさなかった、彼のお仕事のこと

今、とても大変だということ


「会いたいなぁ」という気持ちと一緒に、彼が話してくれたことを反芻している


彼が、私だけに話してくれたのは、きっと、連絡がないことに私が不安にならないように、ということだろう、と


そんな中でも、3週間前のあの日、私に会いたいと思ってくれて、一晩一緒に過ごしてくれたことが、なによりの彼の私への気持ちなんだ、と




彼から毎朝、文字で名前を呼ばれるだけ

彼には会えない、話せない

次にいつ会えるのかもわからない



それなのに、なぜか、とても穏やかに彼からの愛情を感じていられる

なぜか、彼を誰よりも近くに感じていられる


なぜなのか、自分でもわからなくて

とても不思議なんだけれど




こんな気持ちがいつまでも続くと思えるほど、心に余裕があるわけでは、まったくない


たった今だって、彼に会いたくてたまらない

ふとした時に、彼が恋しくて涙が出ることもある


それでも、寒い通勤の道をスーツ姿で歩く彼を想ううちに、そんな気持ちも少しずつ、ただ彼に元気でいてほしいという、祈るような想いになったりする




こんな私のことだから

また、いつ、見苦しいほど落ち込んでしまうか、わからない

きっとそうなるだろうな


だから、こんなに穏やかな気持ちで何日も過ごせているという、私にとってはものすごく貴重なことを、忘れないように

やっぱりここに、残しておこう




この間会った時、彼が

「お前がどんどん覚醒(進化、だったかな?)している」

と言ってた


「めちゃめちゃガマンできるようになったな

ブログのおかげなのかな」

こんなこと、言ってくれた


こんなにしょっちゅう大爆発してるのに、私



ここにたくさん綴った、彼への愛の言葉

気持ちが押しつぶされそうな時の、彼への不満

彼は、読んでくれてるのかどうかわからないけれど


ここに書いてある私の気持ちを、彼が読んでくれて、どう感じるか

そんなことよりも

ここに書くことで、私の気持ちが安定していられることが、ありがたいと思ってくれているみたい




しばらく彼には会えそうにないけれど


私は、彼とずっと一緒にいたいから

きっと、まだまだ先は長いけれど



ここで、彼との大切な思い出

昔のものや、今のもの

思い出して、文字にして

これからも大切にしていこう


やっぱりダメな自分になる日も必ず来るから

その日は、ここで泣かせてもらおう



そして、もっと覚醒(進化?)して、彼を安心させてあげたい

離れているからこそ


そして、ずっと好きでいてもらいたい




どんな時も、必ず、彼が言ってくれる

「大好きだから大丈夫」

この言葉、忘れないように


私だって、彼のこと

大好きだから

大丈夫でいたい


できるだけ





彼と遠距離になって5ヶ月

私がブログをはじめて4ヶ月


その間に、彼と実際に会えたのは、3回


自分の気持ちの安定のためとはいえ、ここに綴ってきた彼との思い出は、実際に会えた日のもの以外は、ずいぶん前のことばかり

あとは、日常の彼との電話やLINEでの、つまらないやりとりばかり


そんな中で浮いたり沈んだりしている私の、本当につまらないただの感傷のような、こんな日記


読んでくださる方がいてくれることが

とてもとても心強くて

ものすごくあったかい




読んでくださって

ありがとうございます