大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(ただいま遠距離)

短髪好き

20数年前、彼と私が出会った頃

私は腰近くまであるロングヘアだった


彼と出会って2カ月くらいの頃

まだ彼と仲良くなる前

当時の故郷の恋人の好みで、ばっさり、ショートヘアにした

恋人の好み、ということは彼には言ったことないと思う


「あれ?なんで切っちゃったんだろう」

って、その頃の彼は思ってたらしい


彼と仲良くなった頃には、私はもうショートヘアだった

デートするようになってからも、そしてお別れするまで、ずっと短いままだった



そして、20年以上経って彼と再会した日

私の髪は、また長かった


その、腰近くまである髪を見て

「俺、ずっと、短髪好きを公言してるなぁ」

と、彼が言った

「お前の短髪が好きだったからかな、あの後、俺はずっと短髪好き、うちのかみさんは長いんだけどね」

彼がそう言ってくれて、すごくうれしかった



彼と再会して、3度目に会う日の直前、私は髪を切った


彼のために


そして、それを彼にはじめて見てもらったのが、ちょうど1年前の今日だった


彼のお部屋に入ると、玄関から大きな声で

「あっちむいて!こっち見ちゃダメ!」

と言い、

「はいは〜い」

と背中を見せている彼にゆっくり近づいて、彼の背中に手が届くところまで近寄ってから

「いいよ〜」

と言うと、彼がクルッとこっちを向いて


ショートヘアになった私を見て

「うわぁ、やっぱり似合うなぁ」

と言って、彼はすごく喜んでくれた

ぎゅっと私を抱きしめてくれるけど、すぐに腕をゆるめては私の顔を見て

「似合ってるよ、かわいいよ」

そう言って、また抱きしめてくれて


そんなのを何度も繰り返して、とてもうれしそうにしてくれてた



それからは、今もずっとショートヘア



彼は酔った時、必ず

「髪を切ったのは俺のためだよね」

「ごめんな」

と言う

私を見つめて、せつない顔をして


うれしいのに、私は

彼のものなんだって思えるから



遠距離になる直前、その日も酔っていた彼は

「髪は?どうするの?ずっと短いまま?」

と、またせつない顔で私に聞いた

「伸びたら切るよ、短いの私も好きだから」

と言うと

「お前の好きなようにしていいよ」


なんだか

「もうずっと会えなくなるから」

と言われたようで、さみしかった


彼の気持ちは聞かなかったけど、どんな気持ちで言ったんだろう



毎日

朝起こしてあげることも

食事を作ってあげることも

「おかえり」を言ってあげることも

何もしてあげられない


遠く離れて「元気でいてね」と、ただ祈り、ただ恋しく想うだけ


だから、髪を切る

また会える日のために

彼のために


彼が好きな短髪になると、私もうれしい

彼のものになれた気がするから

伝わったから

昨日の夜

普段なら彼は夢の中、くらいの時間

彼から突然のLINEにびっくり


飲み会の日は、彼が予告なく電話をかけてくれる可能性大

危険なので、スマホの音が鳴らないようにしたり、色々準備があるから、飲みに行く前に知らせてもらう約束になっている


昨日は連絡もらってなかったから、鳴り響くLINEの通知音に、ドッキドキ


「こんばんは」


なんてカワイイ5文字なんだろう


叫びたいくらいうれしいのに、顔はしかめっ面

・・・家族いるから


素知らぬ顔で、彼とLINE


飲み会終わって解散すると、すぐLINEしてくれるみたい

その、彼の待ちきれない感がたまらなくうれしい


私「飲んでたの?」

彼「今電車乗って、発車するところ」

私「大好きだよ」

彼「○時○分に着くから、風呂入って」

私「そうだね、今からおふろ入って、あなたを待ってる」

彼「好き」

私「電車降りるまで寝てて」

彼「はい」

私「大好き」

彼「おやすみ」

私「だいすき」「おやすみ」「ちゅ」

彼「こんな夜はお前の声聞きたい」

私「うれしいよ、大好き」


そして超特急でおふろを済ませて

スマホを開くとLINEの通知が、15個!

ナニコレ〜、うれしすぎる

寝ないでずっとLINEしてくれてたんだ



超アナログ人間の彼、シラフの時でも、文字を打つのがとにかく遅い

酔った時なんて、さらに遅い

なので、短ーい1個ずつが、1・2分おきに届いてて、それがものすごく愛おしい

誤字脱字すら、かわいくてたまらない



おふろなんて後にして、ラリーしてあげてたらよかったな


「俺さ、やっぱ○○(前に旅行した場所)よかった」

「○月○日(私がお泊りできるかも、と知らせてある日)、もう去年のホテル(彼の誕生日の旅行で泊まったホテル)空いてない」

「で、絶対にまた○○(彼の誕生日の旅行で行った観光地)とか(行きたいってことだと思う)」

「お前のこと考えると明日もがんばれるよ、マジで」


その途中に何個も

「ごめん」

「大好き」

があって、そして最後に

「支離滅裂だな」

「こりゃ」

こんな感じで15件


うれしいなぁ、うれしいよ


この間のデートの時

「去年の俺の誕生日の旅行と同じ旅行を、もう一回したいんだ」

って言ってくれて、すごくうれしかった

でも、ホテル調べるほど本気だったなんて思ってなくて

LINEの文字見ながら泣いてしまった

うれしすぎて


その後、電車を降りた彼と、ほんの少しだけ電話できた

そんなに酔ってなかった


いい声、大好きな声




会える予定はなかなか決まらない

でも、彼が、こんなにも会いたいと思ってくれていた

会いたい気持ちは、彼も私と同じだった


それが、ちゃんと伝わったから


それだけで、またがんばれるよ


ありがとう



ちゃんと待ってるからね

継続は、愛の証




LINEなどで文字を打つのが大キライな彼

「既読」やお返事が待ち遠しくてしょうがなく、それが遅いと爆発しがちな私


遠距離で、話し合うこともなかなかできないし、ハグしてちゅ〜して仲直り〜♡もできない

それなのに、こんなことでモヤモヤしてケンカしてたら(何度もしたけど)あっという間に破局を迎えてしまう(迎えずに済んでるけど)


今は会う予定を決めることもほとんどないので、連絡を取り合う必要がない

悲しいことに

だからって、もし、何日も彼から連絡がなかったら私はきっとパニックになる、その自信だけはある

彼が死んじゃったと思って、毎日泣いて暮らすんだろうな


『生存確認』と言ってしまえばそれだけのことだし、単なる私の自己満足かもしれないけれど


彼にこのお願いをして、昨日でちょうど2ヶ月


彼、1日も欠かさずに送り続けてくれている



毎日送られてくる「私の名前」


その文字から、私は、その日の気分で

「元気か?」

「さみしくないか?」

「仕事、がんばってくるよ」

「好きだよ」

など、勝手に、彼の気持ちを想像する


たとえ、大爆発した私からの大量の件数のLINEが届いていても、彼は全く動じないで、翌朝、ただ「私の名前」だけを送ってくれる


その時の彼の気持ちは

「しょうがないなぁ、お前は」

「そんなお前のことも、ちゃんと好きだから、大丈夫だよ」

って感じかな


飲み会の帰りの電車で、たくさんの甘い言葉のLINEのやりとりをした翌朝も、ただ「私の名前」だけ


そんな時は

「昨日はやっちまいました、恥ずかしいなぁ」

って感じ?


それにしても、遠距離になって、なかなか彼に会えない間に、私の想像力が育ちすぎてる気がしてならない



この間のデートの日

気づいたことがあった


再会してからずっと、彼は私を旧姓で呼んでいた

それは出会った頃の呼び方だった

離れていた20数年の間も、彼が思い出すのは旧姓で呼んでいた頃の私、だったからだと思う


愛し合ってる最中も旧姓で呼ばれるのは、なんだか少し色気がないようにも思えるけれど、今現在その呼び方をするのが彼以外には誰もいないから、その特別感で、逆にうれしかったりもした


それが、この間のデートの日、呼び方が変わっていた


旧姓ではなく、名前を呼び捨てで、何の違和感もなく呼ぶようになっていた


あれ?どうしたのかな

って、はじめは不思議に思ったけれど、バイバイするまでには、もうすっかり定着していて


デートの翌日も、また次の日も、彼から毎朝届く「私の名前」を見ていて、それがなぜだかわかった気がした


私のお願いに従って、ただ事務的に送ってくれてるだけなのかもしれない、と思うこともあった朝の一個のLINE

もしかすると、彼も、その時々の気持ちを込めて、毎朝送ってくれていたのかな、って


「(私の名前)、今日は何するの?」

「(私の名前)、仕事が大変なんだ」

「(私の名前)、お前に会いたいよ」

なんて具合に

そんな気持ちを込めてくれているうちに、本当に、毎朝、私を呼んでくれている気になってくれていて、2ヶ月の間に、その呼び方が彼の身についてしまったのかなって


・・・また想像力、働かせすぎ??



デートの日、ベッドで彼に私の名前を呼ばれた時

「私の名前って、こんなにステキな名前だったの?」

と思わずにいられないほど、すごく幸せな気持ちになれた



そして、デートの後、最近少しだけ変化があった


深夜、彼のことが恋しくてたまらなくなった私から、愛に溢れたLINEが届いているのを読んでくれた朝、限定で

「(私の名前)❤️」

こんなのが届くようになった

お願いしたわけでもないのに


はじめてこれが届いた日は、まるで彼に抱きしめられたような気持ちで、一日中ふわふわしていた



「おはよう」「おはよう」

「行ってきます」「お仕事がんばって」

「おやすみ」「おやすみ」


それを全部ひとまとめにした

彼からの「私の名前」と、私の「既読」


それだけで、ふたりとも気持ちが伝わるようになってきてる気がしてる



毎日、ありがとう


継続は、愛の証、だよね?

そう信じたい


あなたが呼んでくれる、私の名前

その文字が、会えない毎日も、私を支えてくれているよ



今日も、そろそろ届くかな

「❤️」ついてるかな・・・