大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(遠距離)

新年、うれしかったこと

あけましておめでとうございます


自己満足で綴り続ける、こんな私のブログですが

今年も、ここが、私の心の拠り所であり続けそうです


繋がってくださる方に心から感謝して

今年も、思うこと、感じたこと

そして、彼への溢れる想い、綴り続けると思います


今年もよろしくお願いします



*・*・*・*・*・*・*・*・*



新年、とてもうれしいことがあった



彼と彼の家族は、元旦の朝、初詣をしたり、地域の行事に参加したりするようで

大晦日も、年越しまでに寝てしまうと聞いていた

彼と再会してはじめての年越しだった昨年

新年が明けてすぐに送った、私からの愛のメッセージ

既読になったのは元旦の朝だった



今年の年越しのこと


大晦日の夜、昼間のバタバタで疲れきっていた私

11時頃から少しずつお酒を飲みはじめたら、思いのほか早くに出来上がってしまった


夜になると感情的になってしまうことが目に見えていたし、家族に囲まれた大晦日、恋する乙女ではいられないこともわかっていた

だから、彼には


「今年も

思い出たくさん

ありがとう


あなたのこと

この世でいちばん

愛しています


きっとあの世でもね


もっともっと

あなたに愛されたい


早く会いたい


どうか良いお年を♡」



こんな、重い重い、長い長いLINEを、真昼間に、既に送信済みだった


彼からは、1時間後に


「こちらこそ

良い良い良いお年を」


と、珍しく返信があった

うれしくて、でも、ちょっと物足りなくて

返信があったことに、少し調子に乗って


「愛の言葉がほしいの」

「だめ?」


と送ると、すぐに既読になって、それから


「大好きだよ

(私の名前)💚」


今年最後だから、もう少し特別なのがほしい気持ちはぐっとこらえて

また年末のバタバタにまみれていた



それなのに、お酒のせいで


23時17分

「恋しいです 大好きです」

そして、年末のデートの時に撮った、彼の気持ちをくすぐりそうな写真


家族に囲まれながらも、スキを見計らって、送ってしまって

少し後悔していた

彼は、きっともう寝てるだろう

既読になるのは、きっと、元旦の朝だろう


酔っていた私は、新年が明けたことにも気づかずに、少しウトウトしていた



元旦、0時01分

LINEの通知音が鳴って、スマホを開くと


「明けましておめでとう

今年もよろしくお願いします

(私の名前)💚」


彼から!



来ると思っていないものが突然やって来る喜び

例えようのないうれしさ


泣きそうになりながら

「うれしい💕」

「ありがとう」

「大好き」

「今年もたくさん愛してね」

「(彼の名前)だけの私だから」

「あけましておめでとう」

『これからもよろしくね』のスタンプ


と立て続けに送ると

数分後に既読になった



アナログ人間な彼

新年が明けてすぐにスマホを手にして、打ってくれたLINEだと思った

1分過ぎたのは、きっと、文字を打つのに時間がかかったから


愛の言葉はひとつもなかったけれど

新年が明けた時、私を想ってくれたんだ

それが、本当にうれしかった


強いて言えば「💚」これが愛なのかな



年末に彼に会えたのに

彼がお休みに入ってしまい、実は、もう、つぶれてしまいそうだった私の心

忙しさにまみれて、忘れようと努力して、彼のことを、無理矢理追いやっていた頭の中


それなのに

彼から先に、新年のメッセージをくれた



とってもうれしかった、今年の初めの出来事

やっぱりここに、残しておこう



今年も、この先もずっと

彼のことが大好き♡



*・*・*・*・*・*・*・*・*



〜追記〜


今年のおみくじは『吉』


待人・・・来る、喜びあり

恋愛・・・良い人、幸せあり


当たるといいな♪♪