大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(ただいま遠距離)

私達らしい再会

「どうしてもその週末に会う約束をしたい」という私


「帰るから無理」という彼


(このやりとり、再会してから数え切れないほどしてるけど、まだ会う前からしてたなんて

何度目かのこのやりとりで、大爆発した私が

「『無理』って言葉、もう使わないで!無理じゃなくて、がんばらないだけでしょー!」って・・・)


約束したかった日の前日、仕事終わりの彼と、LINEでちょっとケンカ

(20数年間顔も見てないのに、もうケンカになるって・・・)


だんだんLINEがめんどうになった彼が

(なにしろLINEが大嫌いなので)


「電話していい」

すぐには電話できない状況だったので

「電話はできない」

すると、そのあとしばらく何もナシ

電話できるようになったので、かけてみると、何回かけても不在

それからも30分おきにLINEを送るけど、ずっと既読にならず

2時間くらいすると彼からLINE

「電話してくれないからヤケになって飲みに行きました」

はぁ〜??

即電話をかけて

「電話に出ないのはそっちでしょ!」

怒鳴ってしまった

「わかった、わかったよ」

最後の「よ」を聞きおわるかおわらないかのところで、ブチっと切ってやった

もう、ムカムカがおさまらない


会えないと言われた上に、なんでこんなに振り回されなきゃいけないの?


もういいや


他のことをしていると、気づかないうちに彼からLINEが3つきていて

「今○○駅(私の自宅の最寄り駅)」

「会いたいから来ました」

「会えないから帰ります」

時間を見ると、15分くらいは待ってたみたい

気がついたのは、最後のLINEから5分後、あわてて

「まって」

「まって」

「まって」

どうしよう帰ったかな



「改札入りました」

「出ます」

「どこに行けばいい?」


待ってとは言ったけど、え〜、本当に来るの?

出れるには出れるけど、自宅近辺の、いったいどこで?

それよりも、汗まみれで1日過ごしてまだお風呂に入ってない、超部屋着、スッピン同様の顔、最悪〜、こんなんで、会えるわけないよ〜


でも会いたい気持ちが勝ってしまう

「○○年ぶりに会えるのに汗臭くてスッピンなんて最悪です」

「あと10分待ってて」

と、場所を指定して

急いで着替え、もうスッピンでいいや、顔だけ洗って、車でその場所に向かう

車を止めると、向こうの方から歩いて来た



彼だ


すぐわかった


全然変わらない



車の中の私を指差して、大きな口を開けて顔だけで大笑いしている

私はまだ怒ってて笑えない


彼が車の助手席に座り、私の第一声は多分、怒った顔で

「もう、最悪〜」

だったと思います

ハイテンションの彼が握手の手を差し出しても、私はダラーンと手を乗せるだけ

その私の手をギュッと握ってブンブンふりながら

「久しぶりだなぁ、変わらないなぁ」

と本当に嬉しそうに言う彼に、まだ怒りがおさまらない私

「ねぇ、わかってる?私があなたの自宅のすぐ近くまで来て『来ちゃった〜』とか、ありえる?」

いつまでもハイテンションな彼は

「わーかった、わかったよ」

と、ずっと笑っている


車を止められる人気のない場所に移動して、しばらく話しました



私はね、ふたりが最後に別れたあの場所で、ちゃんとおしゃれしてキレイにして、待ち合わせをして、そんな再会をしたかったのに

酔った彼のノリで、こんなガッカリな再会になってしまった

全然ロマンチックじゃない!!


でも、これが私達らしいのかもね



会えたのは、本当に嬉しかったから


思わず来ちゃうほど、それだけ会いたかったってことは伝わって、嬉しかったから




それにしても


「会う約束」

「LINEと電話のすれ違い」

「酔った彼」


彼と私にこの先起きるいろんな出来事の、その原因を全て網羅したような夜でした



そうして、20数年ぶりに、やっと、再会できました



これが、今から約一年前のことです



ずっと会いたかった彼に、会えました