大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(遠距離)

予告編

会える日が【決まる日】

彼は、電話をしてくれた


ふたつの日を挙げてくれた

その日から約2週間後の☆日と、約1ヶ月後の★日


どちらも、午前中に半休を取らなければいけない彼の予定がある

会うことを決めれば、そのどちらかだけ、彼は1日のお休みをとってくれる

そして、午前中の彼の用事が済んだあと、夜まで一緒にいられる、という予定


1日も早く会いたい私は、☆日に会いたいに決まってる

だけど、その日は私の予定がまだはっきりしない

それに、その日はきっと女の子の日

なにより、私の体調が、その電話の時点でまだ万全じゃなかった


★日なら確実に会えそうだけれど、私はもう1ヶ月も待ちたくない



確実な★日に決めようか、という流れになりかけて

「これからまだあと1ヶ月かぁ・・・」

と口に出しただけで、私は泣いてしまった

だって、1日も早く会いたいから


涙声の私が

「私には決められない、(彼の名前)が決めて」

そういうと、すぐに

「じゃあ☆日」

と、早い方の日付を言ってくれた

うれしかった


私「でも、会えるかどうかまだはっきりわからないし、その日会っても何もできないよ、一緒にいるだけだよ」

彼「俺はそれで全然いいよ、会えるんだからさ、お前とのんびりできれば」

私「その先にまたいつ会えるかわからないのに?ん〜、私はイヤだな」


早く会いたいけど、彼とくっつけないなんてイヤ

私だって会えるだけでうれしいけど

彼がそう言ってくれたのもうれしかったけど


次にまたいつ会えるかわからないのに


思い通りにいかないのは彼のせいじゃないのに、なかなか気持ちがスッキリしない

素直になれない


しつこく聞いてみる

私「☆日、会うことにしてお休みをとってくれるでしょ?

もしその日に私が行けなくなって会えなくなったとしたら、もう★日は休めないよね?」

彼「そうだな、両方は休めない」

私「・・・だよね、ん〜、どうしよう」

彼「どうしようかなぁ」


と、しばらくふたりで黙り込んでしまった


「・・・ん〜、★日にしておいた方がいいかなぁ」

と、私が沈んだ声で渋々言うと

「そうするか」

と、彼があまりにあっさり言う

彼は1日も早く私に会いたいとは思わないのかな、なんてまたひねくれてしまって

「え〜・・・うん、わかった」

と、小さな声で言った


「じゃあ、仕事に戻るから」

と、あっという間に電話は終わった


なんだかとってもモヤモヤしてきた

カレンダーの日付とにらめっこしてたらまた泣けてきた


まだあと1ヶ月・・・

彼はがまんできるんだ、私に会わなくても

じゃあ、もう会わなくてもいいんじゃない?

なんて、危うく、お別れしようかと考えてしまいそうになる

早く会いたすぎて思考がおかしい



ちょっと冷静になって、いろいろ考えてみた


ゆっくり会うのは★日にしてもらって、☆日は、彼の用事が済んだあと、午後のお仕事までの少しの時間なら、もしかしたら会える?かな?

用事が済んだらすぐにお仕事に戻るのかな?


まだ気持ちはスッキリしないままだったけれど、電話から1時間後、彼にLINEしてみた

「☆日、私、○○(彼の職場の最寄駅)まで行こうかな

用事が終わって、午後のお仕事までの時間

会って、お昼一緒に食べたら帰るよ」


5分後、彼から

「了解〜です❗️」


やった!言ってみてよかった!

すぐに

「ホントに?」

『ありがとう』のスタンプ

と送った



その後、ほんの少しだけモヤモヤしたのは、その時間があるのなら、彼が自分からこういうことを提案してくれたらもっとうれしかったのに、ということ

「来い」と言われれば、私は喜んで会いに行くこと、わかってるはずなのに


だけど、彼は私に無理をさせたくないと思ってくれたのかもしれない

会える時間の何倍もの時間をかけて、私を往復させることになるから

「来ていいよ」と言えば、どんなことをしてでも私が会いに来ること、彼はわかりきっているから

そんなふうに考えることにした


それに、もう、そんなのどっちでもいい

会えるんだから




もうすぐ彼に会える

うれしくて、うれしくて

その日の夕方、彼にLINEした


「いいこと思いついたでしょ

☆日も★日も会えるなんて

うれしい?

こんな私

1.めんどくさい

2.大好き

3.かわいくて仕方ない

4.早くちゅーしたい

5.早く抱きたい

どれ?」


ほしい正解は「1以外」なんだけど


1時間後、彼の答えは

「4番です」

・・・ガッカリ


ちょっと絡んでみた

「だけ?」

「悲しいな」


めんどくさいだろうな、と思ってたら、すぐにお返事をくれて


彼「大好き(私の名前)❤️」

私「かわいい?」

彼「はぁい」

私「言ってほしい」

彼「かわいいよ✨」

私『だ〜いすき』のスタンプ

「ありがと、おしまい」


と、ラリーできた

きっとまだ残業中の時間だったのに


しばらく飲み会もなかったから、こんなやりとりもすごく久しぶりだった




翌日からも、彼は相変わらず毎朝ひとつだけLINEをくれる


1日だけ、また私の体調がすぐれない日があって、それを伝えた翌朝は


「体大丈夫ですか

ゆっくり休んでください

元気な(私の名前)💚に会いたいです

いってきます」


なんて送ってくれた



会えるかどうかは、私の予定と、それから体調しだい

だから、早く元気にならなきゃ

なにがなんでも



一緒にいられる時間は、きっと会いに行くための片道の時間より少ない

だけど、そんなことどうでもいい

会いたくてたまらないから、会いに行く


ランチをして、桜が見られたらいいな

一緒にたくさん笑いたいな



その半月後にきっとまた会えるから

3ヶ月ぶりのデートは、予告編


『4.早くちゅーしたい』を選んだ彼

予告編だから、ちゅーはお預けにしてやろうかな


・・・私の方ががまんできないか

でも、ちゅーのやり方、忘れちゃったかも




もうすぐ、やっともうすぐ、彼に会える