大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(ただいま遠距離)

共通点

この間のデートの日


彼が予約してくれたお店は、すごく小洒落た居酒屋だった


お店の照明はすごく雰囲気があって、ジャズが流れていたり、食器やお料理の見た目もすごくおしゃれで、お酒もとても美味しかった


そんな空間での彼との会話は、なんだかいつもよりキラキラした思い出になった気がしている



なかでも、彼が話してくれたことで、「彼らしいなぁ」とすごく印象的で、惚れ直さずにいられない、ステキな話があった



お仕事などでゲンを担ぐことがあるか、という話になった時

彼は、大事なお仕事の日の朝は、必ず

「太陽さま、空さま、雲さま、風さま、山さま・・・(その後のセリフは忘れちゃった)」

とお祈りする、と、手を合わせた格好で話してくれた



まったく、ステキな人だなぁ



彼のお誕生日に行った神社で

お引越しの日に空っぽになったお部屋で

彼のお誕生日のちょうど半年後に、奇跡的に一緒に行けた旅行で、朝のお散歩をした離れ小島にある神社で


そんな場面で、彼が手を合わせて祈る姿を何度か見てきたけれど、彼にはその姿が、すごくよく似合う


昭和のオトコだから?

古くさいから?


私の「彼を好き」っていう気持ちを抜きにしても(抜くのは無理か)、彼のその姿は美しいと思う

いつも、自分がお祈りするのを忘れて、見とれてしまうほど


・・・やっぱり、私の「好き」のせいとしか思ってもらえないのかな、ここでは(笑)



とにかく、その姿を見てそのセリフを聞いていたら

「こんな人を産んでくれて育ててくれた、彼のお母さんって、どんなステキな人なんだろう?」

という興味が湧いてきて

今まで聞いたことがなかったこと、彼に聞いてみた


彼のお母さんの出身地、家族構成など


すると、それほどたいしたことではないけれど、彼と私に共通点があった


彼のお母さんと、私の母

生まれ故郷が、山に近い田舎の町

片手で足りない多人数の兄弟の末っ子


彼のお母さんの人柄も聞いてみたけれど、どことなく私の母と似ている気がした


育ててくれた母親が、よく似た境遇で育っているということに、すーっと納得できた


彼といて感じる、兄妹のような感覚は、もしかするとそういうことなのかなって



今まで知らなかった、ほんの些細な共通点


だけど、それを知れて、また彼との繋がりを、改めて納得できた気がした



大好きな彼だから

こんなことが、すごくうれしい