大好きだから大丈夫

最初で最後の婚外恋愛(ただいま遠距離)

打ちひしがれる週末

週末の脅威


いつになったらなくなるんだろう


彼を好きでいる限り、なくならないのかもしれない



まだずっと先だけど旅行のことと、できればそれまでに一度くらいは会いたいから、そのことを話したい

LINEだと、面倒なやりとりができない彼だから


それより何より、彼の声が聞きたい


だから、先週は毎日電話を待っていたけど、結局なかった


飲み会も一度もなく、酔った彼からの電話もなかった


だけど、うれしいLINEを続けてもらえて、私、もう大丈夫♡

・・・なんて、思い込んでた、そんな週末


土曜日の夜、次の日に何もないから、と、少しひとりで飲みすぎてしまい、記憶がうつろなまま、彼にLINEを送っていた


「(彼の名前)

会いたい

さわりたい

さわってね

私を

カワイイと言って

抱いてね

ごめんね、酔ってて

ひとりで

(彼の名前)大好き

待ってる

会えるの待ってるね

ずっと、好きだよ

大好き」


日曜の朝、早くに目が覚めてしまったけれど、起きてしばらく、送ったLINEのこと、自分でも忘れていた

だんだん記憶が戻ってきて、スマホを開くと、未読


しばらくすると、彼から「私の名前」が届いたけれど

❤️は、ナシ




あんなに強気だった、金曜日の私

なんだったんだろう?


モヤモヤと過ごした日曜日

寝る前に、彼に送りそうになったLINE


「今週、会えないですか?

私が○○まで行くので

あなたのお仕事が終わってから

私は最終で帰るから

あなたは飲み会ってことにして

○時○分の電車に乗れるから

早く会えれば3時間くらい

一緒にいられるかなって

もう、会いたくてたまらないの」



送らなかったけど



強気な自分と、弱気な自分


自分の意思におかまいなしに顔を出すから、気持ちがついていかない



彼を信じて、ずっと待っていたいのだけれど、不安になる



それには、それなりの理由があって


彼が単身赴任していた頃

ふたりの予定を合わせて会える日も、ほとんどは、私が計画していた


できる限り、彼のお仕事に支障のないように


私の提案に、彼がはじめのうち

「それは無理だよ〜」

と言った計画も、結局私の計画通りに上手く行って、その後、酔った時には必ず彼が

「あの日、本当に楽しかったなぁ」

というほど、ステキな思い出になった


だから、きっと、ほんの少し彼ががんばってくれたら、少しでも会えて、またステキな思い出になるはずなのに


そう思ってしまう


あの頃と今、距離も、彼の状況も、まったく違うということはわかっているけれど


彼ががんばってくれないこと=私への愛情の少なさ


なんて思ってしまう



お仕事中や、お仕事が終わって疲れて帰った後ならいい


だけど、彼が何をしているんだかさっぱりわからない週末

いったい何を考えて、私のこと、どれほど想ってくれていたんだろう


「会えるようにがんばる」


その言葉、信じて待っていたら

・・・会えるのは、いつ?



「信じる」って、「待つ」って

今の私は弱すぎて

この寂しさや、彼を想う愛おしさに、勝てそうにない


会いたくてたまらないから



もう、週末なんて、大キライ

何を考えているのか、全然教えてくれない彼も、大キライ

・・・になりそうな、弱気な私



優しい言葉で喜ばせてもらえて、うれしかった

だけど、会えるのかどうか、ちゃんと教えてくれないかなぁ


今までに私が送った、会えそうな日

お返事もなく、結局一度も会えなかった

今送ってある、2つの私の予定

またお返事もないまま、会えなくて終わりなのかな


それでも、好きだから

私は待つしかないのかな


弱気な私を、強気にしてくれるの

彼しかいないのに



週末の脅威に、打ちひしがれる

彼と再会してから、毎週、ずっと


・・・もう、何度目?